ISID-AO  CAEソリューション

座屈解析 とは

座屈解析とは

座屈は、柱に圧縮力を付加した際に、ある圧縮力を超えると急激に面外方向に折れ曲がる現象です。
柱で支える建築物や橋などの解析に使用されます。

適応範囲

材料の降伏点以下の弾性域において構造物が座屈する直前の荷重値と座屈モードを求めることが出来る。
変位量は各部の相対値で共振した時の変形パターンを予測するものです。
実際の変形を予測するものではありません。

解析結果の評価

座屈解析の結果は、固有値解析の手法を応用して座屈が生じる荷重とそのときの座屈モード
(座屈変形パターン)を評価します。

座屈荷重と座屈応力の計算

座屈荷重、応力の計算はオイラーの公式より求められるます。